Healmate(ヒールメイト)でメッセージが続く5つのコツ!具体例も紹介

healmateについて

気になる相手がいるけれど、どういうメッセージを送ればいいのかわからない

メッセージの返事がめったに返ってこない…

Healmateを利用する際、こういった悩みにぶつかる人は多いですよね。
特に既婚者の場合は、今までマッチングサイトを利用したことがなく、マッチングサイト特有のメッセージのやり取りの仕方に戸惑ってしまいます。

この記事では、既婚者でもメッセージのやり取りが続けられる5つのコツを紹介していきます。

初回のメッセージやデートのお誘いのためのメッセージの例文も書いてあるので、メッセージの返信率を上げたい方はチェックしてみてください。

\真剣な既婚者同士の出会いなら/

Healmateに無料登録する

既婚者のマッチングはメッセージが重要

マッチングにおいて、メッセージは重要度が高いです。

なぜなら、メッセージは相手とコンタクトを取る最初の1歩であり、メッセージのラリーで相手に実際に「会いたい」と思う気持ちを抱いてもらう必要があるからです。

相手が既婚者の場合は家庭が別にあるため、つまらないメッセージを送ってくる相手はわざわざ相手をしません。

反対に、テンポよく楽しく感じるメッセージが続くと、「会って話したい」という気持ちが高まり、実際に会うまでがサクサクと進む可能性が高まります。

そのためメッセージは既婚者同士のマッチングにおいて、特に重要と言えるでしょう。

やり取りが続くメッセージのコツ

マッチングにおいてメッセージは重要だとわかっていても、どうしてもやり取りが続かない方は珍しくありません。

実は、メッセージでのやり取りを続けるには知る人ぞ知るコツがあるのです。

  • 自分と相手の共通点を見つける
  • 「はい」「いいえ」で返せる質問にする
  • 相手のことを褒める
  • 相手と同じ頻度・文量で送る
  • 家庭の事情を探らない

ご紹介するコツを意識するだけで、返信が来る可能性が高まります。
具体的にはどういうコツなのかひとつずつ紹介するので、次にメッセージを送る際の参考にしてみてください。

自分と相手の共通点を見つける

相手のプロフィールをしっかり読み込み、自分と共通する部分や話題を見つけることがおすすめです。
共通する部分に触れられた内容であると、相手も嬉しく感じてメッセージのラリーが続きます。

恋愛でも効果的な「類似性の法則」と呼ばれるテクニックをご存じですか?

「類似性の法則」とは、相手が自分と似ている部分があると、安心感・信頼感が高まるという法則のことです。

相手との共通点を見つける「類似性の法則」のテクニックを使うことで、相手の心が開き始めるかもしれません。

「はい」「いいえ」で返せる質問にする

メッセージを続けるには質問が重要です。
最初のうちは「はい」か「いいえ」で答えられる質問を送ることを心がけましょう。

この「はい」か「いいえ」で答えられる質問のことを「クローズドクエスチョン」と言います。

ケーキは好きですか?

はい!好きです

反対に、相手が自由に回答ができる質問のことを「オープンクエスチョン」と言います。

好きな食べ物は何ですか?

うーんと、ケーキかな?

「クローズドクエスチョン」は自由回答である「オープンクエスチョン」と違って答えやすいため、相手が返信をしやすくなるのです。

また、「はい」という同意を繰り返すことで共感できるポイントがたくさんある相手だと認識してもらえるため、好感度が上がりやすくなると言われています。

しかし「クローズドクエスチョン」は相手との距離を縮めにくいという反面もあります。

ある程度メッセージのラリーが続いたら、相手が自由に回答ができる「オープンクエスチョン」をしてみましょう。

相手のことを褒める

メッセージの内容には、相手のことを褒める文章を入れましょう。
人は相手から好意を伝えられ褒められると、相手に好意を返したくなります。

好意には好意で返したくなる心理のことを、「返報性の法則」と言います。

メッセージに相手のこと褒める文章を入れることで、相手もあなたに好意を抱くかもしれません。

反対に、否定的な内容をメッセージに入れると相手もあなたを否定したくなってしまうので注意してください。

相手と同じ頻度・文量で送る

相手からメッセージが届いたら、同じ頻度・同じ文量で返信することを意識しましょう。

色々な人とコミュニケーションの中で、多くの人は自分と似た行動をとる相手に無意識に親近感を抱きます。これは「ミラーリング」と呼ばれる恋愛の法則です。

相手のメッセージ頻度や文量・記号を真似して返信することで「ミラーリング」の効果が発揮でき、好意を持たれる可能性が高まります

家庭の事情を探らない

相手が既婚者の場合には、家庭の事情を聞かないこともポイントです。

初対面に近い相手に深い部分を探られていい気がする人はほとんどいません。
ましてや既婚者の場合、相手がどんな事情があって配偶者以外の相手を探しているかは想像すらつかないものです。

相手の家庭の事情はこちらからは触れず、まずは信頼関係を築くことを第一に心がけましょう

これでOK!コツを活かしたメッセージの例文

メッセージのコツは分かったけど、結局どういう文章がいいの?

コツがわかったとして、実際に文章を打とうとすると難しいかもしれません。

ここではコツを活かしたメッセージの例文を紹介するので、メッセージを送るときの参考にしてみてください。

1.初回のメッセージ

初回のメッセージは1番重要です。
なぜなら最初のメッセージへの返信がなければ、やり取りは続かないからです。

初回のメッセージではどういう文章を送ればいいのか、例文を紹介します。

初めまして!
プロフィールの写真がとても素敵で気になったので、メッセージを送りました。
プロフィールにSFものの映画が好きと書いてあったのですが、スターウォーズは観ましたか?
じつは僕も映画が大好きなんです。

このメッセージのポイントは下記の4つです。

  • 丁寧な言葉遣い
  • 相手のことを褒める
  • 自分と相手の共通点を見つける
  • 「はい」「いいえ」で返せる質問にする

初対面の相手に対しては丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
文章には相手のプロフィールから得た情報を盛り込み、「はい」「いいえ」で返せる質問も入れています。

初回のメッセージにちょっとした工夫をするだけで、返信が来る可能性は高まります。

2.2回目以降のメッセージ

2回目以降のメッセージは、相手に「話したい」「仲良くなりたい」と興味を持ってもらうことが大切です。
メッセージのやり取りを続けるために、相手が返しやすいメッセージを送る必要があります。
やり取りが続くメッセージを紹介しましょう。

こんにちは!
週末にスターウォーズの続編が公開されますね。
同時公開のゴジラも気になっているのですが、映画好きの〇〇さん的にはどちらがおすすめですか?

2回目以降のメッセージで意識すべきポイントは下記の3つです。

  • 以前話した話題を出す
  • 未来を想像させるキーワードを入れる
  • 質問を入れる

以前話した話題を出すことで、相手は「私に興味を持ってくれているのだな」と感じます。
さらに「週末」など未来を想像させるキーワードを入れると、次の話題に繋げられやすくなります。

質問は相手との距離感を考えながら、「クローズドクエスチョン」と「オープンクエスチョン」を使い分けると良いでしょう。

3.デートのお誘いや連絡先交換する際のメッセージ

楽しいメッセージが続くと、メッセージだけでは物足りなくなってきます。
次の段階としてデートに誘いたいものです。

続いてはスムーズにデートに誘えるメッセージを紹介します。

やっぱり〇〇さんは映画に詳しいですね!
聞いてよかったです!
次の休日、よかったら一緒におすすめの映画を観に行きませんか?
〇〇さんのことをもっと知れたら嬉しいな、と思っています。

お誘いのメッセージのポイントは下記の3つです。

  • 相手を褒める
  • 強制をしない
  • 好意的な気持ちを伝える

お誘いをするときには、強制をしないことが一番大切です。
強制されると相手は不快感や警戒心を抱き、今までの信頼関係が崩れてしまいます

お誘いの成功率をあげるためには、相手に「会ってみたい」と思われることが大切です。

絶対NG!返信率が低いメッセージの例文

メッセージのなかには返信率が低くなってしまうNGの文章が存在します。
返信率が低い場合は、無意識のうちにNGな文章を送ってしまっているのかもしれません。

「メッセージの返信率が低い」と感じているのであれば、一度文章を見直してみましょう。

1.なんて返信していいか悩むメッセージ

相手にとって返信が難しい内容のメッセージを送ることはあまり良くありません。
なんて返信したらいいか悩むと、メッセージを返しにくくなります。

下記のような文章は絶対に避けましょう。

映画が好きなの?俺は映画興味ないんだよね。
それより、なんでこのサイト登録しているの?

上記の文章の問題点は下記の3つです。

  • 馴れ馴れしい
  • 相手を否定している
  • 込み入った内容の質問をする

相手の好きなものを否定すると、相手はあなたに不快感を覚えます。
そのうえで答えにくい質問をするとメッセージのやり取りが面倒になるでしょう。

メッセージは相手に興味を持ち、相手の立場に立った内容を考えることが大切です。
2人で楽しめるような内容を送ることを心がけましょう。

2.自分の話ばかりのメッセージ

自分の話ばかりの内容のメッセージを送るのもあまり良くありません。

例えば、下記のような文章を送ることは避けてください。

休日はカフェ巡りするんだね。
カフェと言えば俺バリスタの資格取っているんだ!
昔バイトしてた時なんて周りの社員から頼りにされちゃってて。
俺がいないと仕事が回らないんだよね!
今の会社でも同じ感じでさ、周りは仕事できないやつばっかり。

気になる人に自分のことを知ってもらいたい」「いい所を見せたい」と思ってしまうと、ついつい自分の話してしまいがちです。
ですが、自分の話ばかりされると、相手は「自分に対して興味がないんだな」と感じてしまいます

相手の話も聞いて返すことは「あなたに興味がある」というサインになります。
自分ばかりの話ではなく、相手が楽しくなるメッセージを送りましょう。

Healmateは既婚者同士でメッセージのやり取りができます

既婚者がマッチングサイトでメッセージを送る際には、下記の5つのコツを意識するとやり取りが続きやすいです。

  • 自分と相手の共通点を見つける
  • 「はい」「いいえ」で返せる質問にする
  • 相手のことを褒める
  • 相手と同じ頻度・文量で送る
  • 家庭の事情を探らない

しかし、既婚者同士でメッセージのやり取りをしたくても、独身者が混ざるマッチングサイトでは相手を探すだけでも一苦労です。

そこでおすすめなのが既婚者専用マッチングサイト「Healmate」です。
登録者は既婚者のみなので、相手探しに時間を取られません。

既婚者同士でメッセージをやり取りしたいのであれば、Healmateを利用してみてはいかがでしょうか。

\真剣な既婚者同士の出会いなら/

Healmateに無料登録する

タイトルとURLをコピーしました