Healmateで通話してみよう!会う前に話すメリットは?マナーから話題まで解説

Healmateについて

Healmateに通話機能が実装されました!

メッセージをやり取りする画面の右上にあるアイコンをタップすると「音声通話」もしくは「ビデオ通話」ができます。

LINEのIDは教えづらいけれど通話してみたい

このような方に適しており、通常の電話のように呼び出し音が鳴らない点が特長です。

本記事では、通話機能の実装に伴い、会う前に通話するメリット・デメリットを紹介します。

他にも初回の通話マナーや通話の誘い方なども解説します。

本記事で通話のポイントを知り、相手の方とのコミュニケーションを充実させましょう。

\真剣な既婚者同士の出会いなら/

Healmateに無料登録する

会う前に通話するメリット・デメリット

メッセージと違い、通話では相手の声聞いたり、顔を見ながら話したりできます。

会う前に通話すると、下記のようなメリットがあります。

  • 相性がわかる
  • 距離が縮まる
  • 話題が増える

一方で、会う前に通話することで下記のようなデメリットが発生する可能性もあります。

  • 悪印象を与える可能性がある
  • ストレスを与える可能性がある

ここでは、会う前に通話するメリット・デメリットについて解説します。

メリット

会う前に通話するメリットは、下記のとおりです。

  • 相性がわかる
  • 距離が縮まる
  • 話題が増える

電話してみると、話すテンポから相性がわかるでしょう。
ゆったりした話し方なのか、元気な感じなのかなど、電話で話すだけでメッセージではわからない相手のノリがわかります。

メッセージの文面のやり取りだけでは、相手の素がわからず、なかなか心理的な距離を縮められません。
通話すれば、グッと心の距離が縮まり「早く会いたい」という気持ちにさせてくれるでしょう。

通話

また、通話はその場で多くの会話ができるため、実際に会ったときの話題が増えるメリットもあります。
通話で緊張してしまって上手く話せなかったとしても、会ったときに「電話のとき緊張してましたか?」と話題のきっかけになります。

デメリット

会う前に通話するデメリットは、下記のとおりです。

  • 悪印象を与える可能性がある
  • ストレスを与える可能性がある

メッセージで良い雰囲気だったとしても、話してみるとノリが合わなかったり、声が好みでなかったりする可能性があります。
どちらかが相手に悪い印象を抱いてしまうと、電話が終わったあとにやり取りが続かなくなってしまいます

また電話が苦手だったり、声や話に自信がなかったりする場合、電話をストレスに感じるでしょう。
相手が「電話が苦手だけれど〇〇さんの期待に応えたい」と無理をしている可能性もあります。

電話が苦手な方に何度も通話をお願いしたり、長電話になったりすると、負担をかけて嫌われるかもしれません。

初回の通話のマナー

相手と良い関係を築くためにも、初回の通話マナーをチェックしておきましょう。

  • 無理には誘わない!
  • 通話時間は10分を目安に!
  • 個人情報は言わない・尋ねない!

初回の通話マナーを実践すれば、相手に好印象を与えられるはずです。

無理には誘わない!

通話は無理に誘わず、お互いが乗り気のときにやりましょう。

なかには、電話が苦手な方や声にコンプレックスを持っている方もいらっしゃいます。また家庭があるため、電話する時間を確保するのが難しい場合もあります。

無理に誘うと嫌われてしまうため、断られたらすっぱり諦めましょう

「またお時間があれば、誘ってください」と相手に委ねるのも、一つの手段です。

通話時間は10分を目安に!

初回の通話は、10分程度にとどめましょう。

いきなり長電話をすると、話題がなくなって沈黙になってしまう可能性があるからです。

最初は良い雰囲気で始まっても、だんだん沈黙が増え「相性が合わないのかな?」と悪い印象を抱かれる恐れがあります。

また、だらだらと電話していると、相手の仕事や家庭に負担をかけてしまうこともあります。

初回は「また電話したい」と思えるくらいがちょうど良いため、通話時間は10分を目安にしてください。

個人情報は言わない・尋ねない!

初回の通話で個人情報を言ったり、尋ねたりするのは止めてください

まだ会っていない人に個人情報が漏れると、意図しないタイミングで家庭にバレたり、悪用されたりするリスクがあるからです。

本名・住所・電話番号などは、言わないようにしましょう。

また個人情報をいきなり聞かれると「悪用されるのではないか」と相手が不安になってしまいます。

相手に信用してもらい、お互いのリスクを避けるためにも、初回の通話で個人情報を言わない・尋ねないでください。

通話に誘うタイミング

気になる方と通話したいと思っても「どうやって誘えばよいかわからない」と悩んでいる方は多くいます。

通話を誘う上手なタイミングは、下記のとおりです。

  • メッセージが盛り上がっている時に
  • やり取りが1週間以上続いている時に

メッセージしているなかで、共通の趣味や好きなものの話題で盛り上がったときは、通話を誘うタイミングです。

特に「こういうところが好き」「これがおもしろい」など、話題について自分の話もしてきたら相手も楽しんでいるはずです。

盛り上がってきたら「〇〇さんとは、趣味が一緒でお話をしていてとても楽しいです!よかったら10分くらい電話でお話しませんか?」と通話に誘ってみてください。

何か事情がなければ、誘いに応じてくれる可能性が高まります。

電話でさらに話が盛り上がれば「よければ会ってお話ししませんか?」と、会う約束までできるかもしれません。

通話で盛り上がる話題

会う前の電話は、相手のことがまだよくわかっておらず「何を話したらいいんだろう」と緊張してしまいますよね。

ここでは、通話で盛り上がる下記3つの話題について解説します。

  • 共通の趣味
  • 相手の印象
  • デートの約束

楽しい通話にして、デートの約束を目指しましょう。

共通の趣味

共通の趣味や好きなことがあると、初めての電話でも盛り上がります。
共通のものがあると親近感が湧き、お互いその話題について話せるからです。

例えば下記のように、プロフィールに書いてある趣味から共通点を探し、会話してみましょう。

映画が趣味って書いてあったのを読みました!

実は私も映画好きなんです。

そうなんですか!

どんな映画を観るんですか?

最初に自分の話をすると相手も話しやすくなります。

電話をする前に、プロフィールを確認し共通の趣味を探してみてくださいね。

相手の印象

少し会話したら、相手の印象をほめると通話がより盛り上がります。
初めての通話は、お互い緊張して相手にどんなふうに思われているか気になるものです。
褒められると、思わず笑みがこぼれて緊張がほどけます。

例えば下記のようなほめ方をしてみましょう。

〇〇さんの声、素敵な声ですね

〇〇さんとお話しすると楽しくて、お話が上手なんですね

〇〇さんの話し方、なんだか落ち着きます

あえて「〇〇さんの〜」と名前を入れると、嬉しさが増すはずです。
相手の印象をほめて、場の雰囲気を和ませましょう。

デートの約束

お互いの趣味の話をして会話が盛り上がってきたら、デートに誘ってみましょう

相手も盛り上がっているタイミングで誘うと、デートの約束も「ぜひ行きましょう!」とよりテンションが上がります。

趣味や好きなことの話をして「今度一緒に行かない?」と誘うと自然です。

Healmateの通話機能に関するよくある質問

Healmateの通話機能に関するよくある質問をまとめました。

  • 通話は無料ですか?
  • 通話に時間制限はありますか?
  • 誰とでも通話できますか?
  • コール音は鳴りますか?

通話機能で気になることがある方は、参考にしてください。

通話は無料ですか?

通話は無料です。
時間による課金制度はなく、追加料金も一切発生しません。

通話に時間制限はありますか?

制限時間はありません
何時間でも何回でもかけられます。

誰とでも通話できますか?

マッチングしている相手とのみ、通話できます。
マッチングしていない人に対して、かけることはできません。

コール音は鳴りますか?

コール音は鳴りません
通話を開始すると、通話リクエストしたことが相手にメールで通知されます。
スマホが突然鳴りだすことはないため、周りに家族がいてもバレません。

ビデオ通話を活用し、相手との仲を深めましょう

本記事では、会う前に通話するメリット・デメリットや初回通話のマナーについて解説しました。
会う前に通話すると、話し方から相性がわかり、声を聞くことで距離が縮まります。

初回の電話は10分程度におさめ「早く会いたい」と思えるような、ほどよい時間で終わらせることがポイントです。
共通の趣味を話したり、相手の印象をほめたりして会話を盛り上げましょう。

またビデオ通話なら相手の顔を見れます。
相手の顔を見ると、通話だけよりも会っているような感覚でお話でき、親近感が湧きます
ビデオ通話を活用して、相手との仲を深めましょう。

\真剣な既婚者同士の出会いなら/

Healmateに無料登録する

タイトルとURLをコピーしました